• グループ紹介
  • 株式会社クリエイト・レストランツ
  • 株式会社ルモンデグルメ
  • 株式会社イートウォーク
  • SFPホールディングス株式会社
  • 株式会社YUNARI
  • 株式会社グルメブランズカンパニー
  • 株式会社KRフードサービス
  • 株式会社クリエイト・ダイニング
  • CREATE RESTAURANTS ASIA PTE.LTD.
  • 香港創造餐飲管理有限公司
  • 台湾創造餐飲股份有限公司
  • レストランサーチ
  • 動画でわかる!クリエイトレストランツグループ
  • 採用情報

株式会社ルモンデグルメ

TOPメッセージ

株式会社ルモンデグルメ

代表取締役社長

飯沼 辰朗

当社を語るためには、なんと言っても、東急百貨店渋谷本店にある「TANTO TANTO」を紹介しなくてはいけません。このお店こそが、原点だからです。

1990年、イタリアンレストラン「TANTO TANTO」東急百貨店渋谷本店は生まれました。以来、渋谷の飲食店の代表格として、長きにわたって愛されています。創業以来の常連客も、知名度も、簡単に真似できるものではないでしょう。

当社の強みは何といっても接客力。お客様一人ひとりに対する会話、テーブルサービス、そして料理の一品一品…どれをとっても一流です。メニューに対するこだわりも強く、メニューを変える際は、アルバイトも含めた全従業員が必ず試食します。従業員が「TANTO TANTO」を愛していることも特筆すべきことです。創業以来、ずっと働き続けているクルーもいるくらいですから。

常連のお客様に支えられている私たちのお店にとって、毎日お客様からいただく「美味しかったよ」「ありがとう」「また来るよ」という言葉は、今後展開していく上でも非常に大事なことだと思っています。
毎年1~2店舗出店し、近い将来には今の倍くらいの規模にはなっていたいですね。まだ会社規模が小さい今だからこそ、基礎を徹底的に作り上げたいと思っています。そして、今後はさらにグループ各社との連携を強め、文化や人の交流を経て、より収益性の高い業態を目指していきます。
また、お店が増えるということは、従業員の新しいステージが出来て、チャレンジの幅が広がるということ。従業員のみなさんには、自ら考え、動き、新たな伝統を創っていくことが求められていきます。私自身、「出る杭は思いきり出てしまえば打たれない」と考えていますから(笑)、自主性を重んじたいと考えています。

『ルモンデグルメ』に関わる人たちは、仕事もプライベートも、自ら楽しんでほしいですね。

事業紹介

  • TANTO TANTO
    TANTO TANTO
  • モンテロマーノ
    モンテロマーノ
ブランド紹介はこちら

渋谷で20年以上愛される老舗「TANTO TANTO」東急百貨店渋谷本店を軸に、立地に合わせてメニューや内装を変え、主に百貨店やショッピングセンターにイタリアンレストランやカフェを展開しています。 店名にもある「TANTO TANTO(タントタント)」は、イタリア語で「もっとたくさん」という意味にあるように、市場界隈の賑やかな雰囲気をそのままに皆様をお出迎えします。

そもそも当社は、アパレル企業から生まれた会社です。レストラン事業の発展に伴って、2012年3月からクリエイト・レストランツグループの仲間になりました。
グループに加わったことにより、既存のブランドを大事にしつつ、新たな業態の開発にも注力しています。 カフェ「Costa Mesa」は、アメリカ西海岸のカリフォルニアの風を感じるようなカフェとして2013年11月にオープンしました。また、2014年3月にオープンしたイタリアンレストラン「MONTE ROMANO」は、京都ならではの地元野菜をふんだんに使ったパスタや豪快なグリル料理が自慢のお店です。

会社概要

社名 株式会社ルモンデグルメ
代表者 飯沼 辰朗
所在地 東京都品川区東五反田5-10-18
創業 1983年
資本金 990万円
役員構成 代表取締役社長 飯沼 辰朗
取締役 小平 輝樹
取締役 池田 宏
株主 株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス 100%
決算期 2月
店舗数 12店舗(2017年2月末時点)
沿革 1983年 創業
1990年9月 「TANTO TANTO」渋谷店オープン
2012年3月 クリエイト・レストランツ・ホールディングスと資本提携
問合せ先 03-5488-8018
URL -

Page Top


Q.趣味は?
休日はサーフィン(高校生の時から夢中!)
Q.将来の夢は?
家族とともに世界1周ならぬ5周旅行!もちろんサーフボードをもって♪
Q.好きな食べ物は?
お酒に合う「あて」は何でも
Q.好きな言葉は?
「何事にも負荷をかける」
負荷をかけなければ成長なし!無理だと思ってもやるべし